ヘッダー画像

自動車の塗装

自動車を塗るのは工業用塗料の中でも品質要求が厳しいうえに、高度な技術が要求されます。
まず一般的な自動車外板(鋼板部)の塗装方法は、基本的に下塗り・中塗り・上塗りの構成から成り立っています。

自動車の形に組み立てられた鋼板は脱脂・リン酸亜鉛等、防錆処理=化成処理をされ、下塗りの工程に入ります。

下塗りは防錆力重視の電着塗料が採用されています。電着塗料は付着力・防錆力に優れたエポキシ樹脂を水に分散したもので、その浴槽の中に車体を浸漬し、通電することによって素材上に塗料を析出するものです。
この方法は袋構造部位への塗装もできて、下塗り塗装として最適な方法になります。

中塗りは石跳ね傷防止機能をもつようポリエステル・メラミン樹脂や、ウレタン樹脂変性品によって設計されています。
そして、スプレー塗装によって膜厚に塗装されてから焼き付けられます。

上塗り色には白・赤のような着色顔料で構成されたソリッドカラーと、アルミニウム粉やマイカ粉などのフレーク顔料を含むメタリックカラーがあり、美観を付与します。ソリッドカラーは主にポリエステル・メラミン樹脂系塗料を用い、膜厚に塗装されます。メタリックカラーは、アクリル・メラミン樹脂系から成り、ベースコートと呼ばれるフレーク顔料を含む層と、クリア層を重ね塗りし、同時に焼き付ける方法が一般的です。
さらに、外壁塗装等もそうですが上塗りには硬さ、雨・光・熱に対する耐久性、耐擦り傷性などたくさんの高度な品質が求められます。